ありがたいけどもう少し短く

私の職場にはとても面倒見が良い先輩がいます。仕事だけでなくたとえば家の外壁をサイディングリフォームするなどの悩みを相談すれば親身になってくれ、なかなか指摘できない上司の間違いにも怯むことなくズバッと言えてしまう人です。いつも助けて貰ってありがたい気持ちはもちろんあるのですがある日、自分の部署の班で話し合いをしていた時のことでした。その班のリーダーは私よりもずっと年上ですが全社員が知っているほど仕事ができない上に自分のミスを必死で他の人に擦り付ける最低な人でした。それも周りは皆さん知っているので呆れ顔という感じです。その班の話し合い面倒見の良い先輩が乱入し、話を始めました。内容は元々話し合っていた内容でリーダーが筋の通らないことを言っていたことを全て論破するものでした。いつも私たちがリーダーに間違っていることを伝えても、だって・・・でも・・・と言い訳ばかりで全く私たちの話は聞いていなかったので先輩がズバッと言ってくれたので全員スッキリしました。10分ほどで話もまとまり、さぁでは自分の仕事に戻ろうと全員がその場を離れようとした時に先輩がリーダーに話し始めました。仕事とはこうやるのだとかあなたのやり方は間違っているとか後輩の使い方が間違っていることをことだとかを話しているだけなら良いのですが、そうだよね?と周りに話を振るので離れるに離れられなくなりました。私たちのことを思ってリーダーに言ってくれる先輩でしたが、そのお話は気がつけば2時間が経過していました。ありがたいですが・・・2時間は長いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です