量を考えて送ってくれない義実家

結婚して4年、夫と子供と3人で楽しく生活しています。私も売り子のお仕事をして共働きのため別に経済的に困っていることもなく、外食をしたり旅行をしたりと楽しい生活をしています。ですが、義実家は何故か「お金がない家」と思い込んでいるようで月に1度段ボールで荷物を送ってくるのです。
その中身は全て野菜です。夏であればピーマンやトマト、茄子やきゅうりで、冬場には白菜などを送ってきます。それだけであれば嬉しいのですが、量がとにかく多くて困ります。全ての野菜が量が多くて1種類の野菜でも大きな段ボール半分を占めます。そんなにたくさん送ってこられても食べきることなんてできないし、手作りの野菜なのでなんだか周りの人には配りにくいしで困っています。
特に困るのが、「あの子が好きだから」と主人が学生時代に好きだった料理のレシピをわざわざ書いて一緒に入れてくることです。主人ももう大人ですし、好みも変わっています。1度作ったところ「これもう嫌いなんだけど」と言われたこともありますし、レシピが送られてきたことを伝えると「もう作らないで」と言われたほどです。
賃貸アパートに住んでいるのでこんなにたくさんの野菜が入るほどの大きな冷蔵庫もないですし、処理するのも大変です。腐らせるのも失礼ですし申し訳ないのでここまで送ってこないでほしいです。何度言っても送り続けてくるのでありがたさよりもうっとうしく感じる気持ちの方が大きくなってきています。なんとかならないものなのかなと悩んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です